ジスロマックはマクロライド系の抗生物質に分類されます。グラム陽性菌やペニシリン系、セフェム系では効果がなかったマイコプラズマ、クラミジアなどという細菌にも効果を発揮し色々な細菌に効能を発揮するので、多く使われています。

ジスロマックのマクロライド系とは?

ジスロマックはアジスロマイシンを有効成分にしたマクロライド系抗生物質で、汎用性の高さから多くの治療で使用されています。このマクロライド系というのは、抗生物質の化学式、作用機序などによって分けられていて、他にもペニシリン系、セフェム系などが存在します。マクロライドの活性は化学構造上のマクロライド環に由来するもので、幅広い細菌をカバーできることから多用される傾向にあります。作用機序は細菌の蛋白合成開始複合体にあるリボゾームの50Sサブユニットという部分に結合することで、蛋白合成を阻害することにあります。完全な死滅を狙った方法ではないため、静菌的な作用となりますが、高濃度で服用することで殺菌的作用を示すようになります。マクロライド系抗生物質にはラクトン環によって14~16員環に分けられ、ジスロマックはこの中で15員環に分けられ、特徴的なDDSを持ち合わせています。DDSとはドラッグデリバリーシステムと呼ばれるもので、感染部位など特定の場所に効率良く薬剤を分散させるために用いられる仕組みです。成分の構造を変換して吸収するための改善を行うプロドラッグも含まれ、吸収改善や標的指向化など目的によっていくつかの方式が採られます。ジスロマックは白血球を用いた輸送システムで、細胞内に吸収されることで目的の感染部位に届けられるようになっています。血中濃度を上昇させる薬剤とは異なり、代謝が遅れることから効果の持続が期待できるのが特徴で、副作用も比較的に少ないことから多くの医療現場で採用される要因となっています。ジスロマックは錠剤やドライシロップなどいくつかの剤形がありますが、どれも一様に少ない服用で1週間前後は効果が持続するようになっています。