ジスロマックはマクロライド系の抗生物質に分類されます。グラム陽性菌やペニシリン系、セフェム系では効果がなかったマイコプラズマ、クラミジアなどという細菌にも効果を発揮し色々な細菌に効能を発揮するので、多く使われています。

疲れで発症した際は医者が処方するジスロマック

性感染症は感染する部位が性器周辺が主になることから、お医者さんのもとで治療を受けるには勇気が必要になってきます。そのため、じきに自然治癒するだろうと放置してしまう場合があるでしょうが、放置は危険ですので絶対にやめましょう。
最もポピュラーな性感染症として、クラミジアがあります。クラミジアは初期の段階では症状が比較的軽いため、放置しがちな性感染症です。ですが、この菌は人から人へとうつっていきますので、放置したまま性行為を続ければ、相手にうつしてしまう危険が高まります。相手がクラミジアを治療して完治したとしても、自分自身がクラミジアに感染した状態であれば、せっかく完治した相手に再びクラミジアをうつす結果になります。
何度もクラミジアに感染したり、放置し続けると、癌や完治ができないHIVなどの感染症にかかるリスクが高まりますので、注意しましょう。
クラミジアの検査自体はとても簡単に済みます。後日、検査結果をお医者さんから聞くことができますので、必ず再来院してください。クラミジアとわかれば、ジスロマックで治療を開始します。自宅で治療を行える内服薬です。ジスロマックは少量で完治を目指せる内服薬ですので、費用の負担が少なく、経済的です。
性感染症とよく間違えられやすいものとして、カンジダがあります。カンジダは元々人が持っている真菌ですので、感染で発症するクラミジアとは違います。身体に疲れがたまっていたり、性器周辺を不潔にすることによって、真菌が増殖して不快な症状を引き起こすのが特徴です。
風邪などの別の病気にかかり、免疫力が低下した際に発症する例もよくあります。カンジダを防ぐには、疲れをためないように、十分な休息をとりましょう。