ジスロマックはマクロライド系の抗生物質に分類されます。グラム陽性菌やペニシリン系、セフェム系では効果がなかったマイコプラズマ、クラミジアなどという細菌にも効果を発揮し色々な細菌に効能を発揮するので、多く使われています。

断食療法の効果と性感染症治療薬ジスロマック持続時間

特に病気でもないのに、身体の不調を感じるのなら、断食療法を用いて、身体をリセットするとよいでしょう。食べ物を食べ続けることによる、胃腸を中心とする臓器の負担を一時的に休ませ、あらゆる不調を改善する効果が期待できます。
食べ過ぎによる肥満を改善するのに特に有効な断食療法ですが、体内にたまった毒素を排出するにも役立ちます。血液を綺麗にしたり、免疫力のアップにも繋がります。
断食療法を行う際には、水分補給程度にとどめるため、素人の知識で実践すると、逆に体調を崩す心配があります。できるだけ専門の医師がいる病院などで、断食療法を実践することが重要です。
断食療法で改善ができない病気については、病院の薬などに頼った治療を行わなければなりません。性感染症がその代表的な例です。
性感染症は細菌などが感染することにより、発症します。この菌を取り除かなければ、完治が難しいのが特徴です。
日本人がかかる確率が高い性感染症として、クラミジアがあります。若い男女が感染する傾向が強くなっています。
クラミジアは治しやすい感染症ですので、恥ずかしがらずに、まずは病院で診てもらいましょう。病院では基本的に、ジスロマックという治療薬を処方してくれます。ジスロマックはよく効く薬ですが、持続時間の長さにも目を見張るものがあります。たった1回服用するだけで、1週間も効き目が持続します。
1回の服用量は1000mgです。500mgの錠剤ですので、1回で2錠服用します。胃腸が弱っている場合には、1回500mgを3回に分けて、3日間服用するようにします。
服用のタイミングは特に気にすることはありませんが、食後の服用の場合、2時間以上あけてからにすると副作用を抑えられます。