ジスロマックはマクロライド系の抗生物質に分類されます。グラム陽性菌やペニシリン系、セフェム系では効果がなかったマイコプラズマ、クラミジアなどという細菌にも効果を発揮し色々な細菌に効能を発揮するので、多く使われています。

ジスロマックによる治療は、彼女も一緒にするべき

性病のひとつであるクラミジアの治療薬に、ジスロマックが有名です。従来、クラミジアに使用されていた服用薬では、複数回の服用と日数が必要でしたが、このジスロマックを利用すれば、たった一回の服用で効果が7日間も持続し、しかもその間で90%以上が完治するという非常に優れた効果を発揮してくれるのです。そのため費用的にも負担が少なく、飲み忘れなどの心配も必要ありません。
そして副作用についても起きにくく、胎児に影響を及ぼすことがないため、妊婦でも安全に服用することができますが、比較的安全な薬ではありますが、薬である以上副作用が100%起きないということはありません。起きる可能性がある副作用としては、嘔吐や発熱、下痢、腹痛など、主に消化器官への副作用が報告されています。もしも副作用が強く起きた場合は、病院へ行って医師に相談をしましょう。
またジスロマックは、通販や個人輸入でも購入することができる薬です。しかしながら注意しなければならないのは、薬の飲み併せによって、思いもよらない重篤な症状を引き起こす可能性があることです。ですので、他に服用している薬がある場合は個人で購入して使用するのではなく、必ず病院で医師の診断を受けた上で相談をし、処方してもらうようにしましょう。そうでなくても、できる限り病院で診察を受けて治療に当たった方が良いです。治ったように見えて、実はまだ完全に治りきっていないという場合もありますので、治療後にもう一度検査をして、完治したことを確認できた方が安全です。
それからもうひとつ重要なことは、もしも彼女がいる場合は、必ず一緒に治療をするということです。クラミジアはとても感染しやすい病気です。自分が治療しても、その後の性行為などで再び感染する恐れがあります。ですので、どちらかだけではなく、2人で治すことを心がけましょう。